チリの独立記念日をお祝いする連休「18(ディエシオチョ)」
09/22/2018
南米チリ留学の生活費用っていくら??【家賃編】
11/22/2018

中南米スペイン語留学で気になる…チリの治安

留学先を決める時に気になるのが、住む場所の治安。
どんなに魅力的な地域だとしても、安全でない地域に行って何か起こってしまえば、元も子もありません。
特に「旅行」するのと「住む」ことは異なります。
短期間でも生活をするとなると、安心できる環境は一番の重要なポイントではないでしょうか?

チリは中南米の中で比較的安全な地域と言われています。
ではどのくらい安全なのでしょうか?

 

イギリスエコノミスト誌の調査機関EIU(エコノミスト・インテリジェント・ユニット)が出した2017年度『世界の安全な都市ランキング』を見てみましょう!
この調査は、世界の主要60都市を調査対象としており、4つの指標カテゴリーごとに調査し100点満点でスコア化したものです。
【参考HP】http://safecities.economist.com/safe-cities-index-2017

 

まずは総合評価がこちら!

1位 東京 89.80
2位 シンガポール89.64
3位 大阪 88.87
4位 トロント 87.36
5位 メルボルン 87.30
6位 アムステルダム 87.26
7位 シドニー 86.74
8位 ストックホルム 86.72
9位 香港 86.22
10位 チューリッヒ 85.20
11位 フランクフルト 84.86
12位 マドリッド 83.88
13位 バルセロナ 83.71
14位 ソウル 83.61
15位 サンフランシスコ 83.55
….
29位 ブエノスアイレス(アルゼンチン) 76.35
….
35位 サンチアゴ(チリ) 70.03

37位 リオデジャネイロ(ブラジル) 66.54
38位 サンパウロ(ブラジル) 66.30
39位 メキシコシティ(メキシコ) 65.52
….
44位 リマ(ペルー) 61.90
46位 ボゴタ(コロンビア) 61.36
….
53位 キト(エクアドル) 56.39
54位 カラカス(ベネズエラ) 56.39

という結果でした!

やはり世界的にみると、中南米の都市は中~低いレベルの安全性。
それに比べて、日本は本当に安全だということがわかりますね。

…ということで、総合評価では、チリは中南米の中で第2位!!

ただ、こちらの評価は冒頭でもお話ししたように、以下の4つのカテゴリーの総合評価になっているので、各項目ごとに見るとランクはやや変わってきます。
① サイバーセキュリティ
② 医療・健康環境の安全性
③ インフラの安全性
④ 個人の安全性

では、各項目ごとに確認していきましょう。

 

①のサイバーセキュリティは、住民がプライバシー侵害やなりすまし詐欺などの不安等を感じることなくネットなどのデジタルテクノロジーを利用できる環境にあるかを表しています。

1位 東京 88.40
2位 シンガポール 86.84
3位 シカゴ 86.75
総合評価が高かった大阪は14位で82.11でした。

南米一位の総合評価を獲得したアルゼンチンのブエノスアイレスは、なんと23位と評価が総合評価より高い結果。
チリの首都サンティアゴは、38位エクアドルのキトに続く39位。
通常住んでいて、特にチリのサイバーセキュリティがあまりよくないとは感じませんが、調査ではこのような結果になりました。

 

②の医療・健康環境の安全性では、都市の自然環境保全の取り組み、医療サービスレベルや質などから評価をしています。

上位3都市は、
1位 大阪 87.15
2位 東京 85.63
3位 フランクフルト 84.06
です。
ここでもアルゼンチンのブエノスアイレスが20位と中南米内では高評価!
28位メキシコ・メキシコシティの後、35位にチリのサンティアゴがランクインです。
評価は世界の中では真ん中あたりですが、チリは高医療の国と言われており、中南米の中でトップクラスの病院もあるので、実際住んでいて良くないとはそこまで感じないですが。

 

③のインフラの安全性は、都市インフラの物理的環境や災害、テロの攻撃を指標にしています。

1位はシンガポール 97.05
2位マドリッド 97.76
3位バルセロナ 96.59

ここでもアルゼンチンは24位と中南米の中で高評価。
チリのサンティアゴは、中南米の中ではブエノスアイレスに続き31位にランクインでした。

 

最後に項目④の個人の安全性。
こちらは犯罪や暴力事件など人が生み出す脅威の発生リスクについて評価をしています。

1位 シンガポール 94.94
2位 ウェリントン 92.28
3位 大阪 91.59
です。

この項目では、中南米の中で1位はチリのサンティアゴ71.02(36位)!!
その後に37位サンパウロ70.08、38位リオデジャネイロ69.85、そして今まで上位だったアルゼンチンのブエノスアイレスが42位68.41と続いています。
ちなみに、他の中南米の主要都市は、45位メキシコシティ64.62、48位リマ60.87、55位ボゴタ55.66、56位キト55.41、59位カラカス47.36、という結果でした。

 

チリのサンティアゴは、世界と比べるとまだまだ中のレベルですが、中南米の中では治安が良いことが統計でも明らかにされています。

上記の都市は各国の主要都市60都市のランキングなので、ランキングで低くてもその国の他の都市は治安が良い、なんてことももちろんあります。
何はともあれ、チリは中南米の中で上位の治安の良さに入る国。
スペイン語留学の留学先を中南米内で決める時は、ぜひ「生活の安全性」をポイントに国選びをすることをおすすめします。

何かが起こってからでは遅い…
用心できるところは事前に気を配り、楽しく安全な留学生活を送ってくださいね!!